雑草駆除したくない 大家さんの悩み in 交野市 その1

草刈り前入口

ここはとあるアパート。

実は昨年エリア内の雑草駆除をご依頼頂いた大家さんです。

とにかく毎年毎年、生命力の強い雑草が隙間から頑固な根を張り、夏のシーズンには2回も刈り取り駆除の必要が生じる為、困っていらっしゃいました。

そう草刈りの作業はそんな大家さんや商業施設をお持ちの不動産会社など、法人様にとって頭の痛い問題なのです。

そして今年も草ボーボーの季節がやって来て、お声をかけて頂きました。

 

草刈り前裏

でも前回の依頼+αのミッションです。

そのミッションは

<何とか生えない様に出来ないか?>

というもの。

あるにはあります。  幾つかあります。

1.除草剤散布(希釈型や錠剤型があります)
必要な植木等も一緒に枯らせてしまう。
自然環境や健康被害が心配。
効果が限定的(1シーズン程度)。

2.防草シートの設置
雑草が全く生えてこなくない訳ではないが、
激減出来る。

3.平板、レンガ、張り石、アスファルト、自然土舗装
素材によりコストが大きく事なるが、防草効果が高め。
但し目地や継ぎ目部分から雑草が生える可能性有。

やはり根絶となると難しいですが、現状よりも改善効果はかなり期待できそう。

という事で3をチョイスされました。
次回は<自然土舗装>編で。

コメントは受け付けていません。