境界線を超える隣家との間の狭~い場所の雑草対策 in 交野市 その2

お隣さんとの間の雑草問題は事前によく話し合いましょう

さてさて、前回の状態からの続きです。

道路に面した雑草、というか雑木、生い茂り過ぎていた為、外からは奥の状況が非常に分かりづらかったです。

 

画像下、トタンが立てられている土のあたりをご覧ください。

白っぽいものが点々と存在する事をご確認頂けるでしょうか?

そう、これが今回の雑草の正体!!

高さは1.5m程度と小じんまりしていますが、その直径は10㎝を超える頑丈な雑木でした。

上の方の枝葉部分を手作業で進めつつ、核心部はチェーンソーで仕上げ。

 

溝もキレイに掃除したら、最後にこちらにも除草剤を散布で完了です。

 

ここから難易度を上げて、幅30㎝ゾーンへ踏み込んでいきます。

まだ見た目には枯れ葉などございますが、ここに至るまで

  • 枯れた枝
  • ツル草
  • 缶ジュース
  • ペットボトル
  • コンビニ弁当

等々・・・高いところでブロック塀3個分のところまで達しておりました。

そうなると人はポイ捨てする事に躊躇する気持ちが薄らいでしまうのでしょう。

定期的に手を加えてやる事で、周辺の方々からも丸見えの状態になって抑止力強化していきましょう。

 

 

最後の難関は3mの雑木・・・アレっ?! 無い・・・。

ガンガンに茂っていた為、いきなり切り倒す事は出来ません。

枝の先の方から、地道にカットしていきます。

 

そうする事で木が倒れて隣家へご迷惑がかかったりというリスクもなく、安全にキレイさっぱり取り除く事ができました。

 

そうそう、

「炎天下ご苦労さまです」

と冷たい飲み物、おやつまで厚かましく頂いちゃいました。

ありがとうございました。

 

コメントは受け付けていません。